学部学科PC使用実態

ただ今掲載の情報は2021年度の情報です。
2022年度に向けた情報は、後日更新を行っていきますので、しばらくお待ちください。
資料をご希望の方は、「入学準備資料請求」よりお申込みください。

各学部学科別PC使用実態

エネルギー循環化学科 大学院生

パソコン使用状況

私はパソコンの使用は主に授業のレポートをまとめる際に使用していました。使用頻度は週に4〜5回程度です。実際にはサークル活動等で用いたりする際もあります。現環境ではサークル活動などはしづらいので当てはまらないかもしれないですが。用途としてはofficeの利用がメインですが機能をうまく使えれば日常生活にも活かせます。私は実際いろいろ調べたデータの保存やお金管理等にも利用しています。

先輩の声

エネルギー循環化学科含む工学部系は少なくともレポートに使用するのでパソコンは必須と言っても差し支えないほどだと思います。そのため使用感やスペックはきちんと確認しておいた方がいいですがその点は大学のパソコンは大学用にレベルを合わせているので間違いないと思います。
持ち運びにかさばってしまうような大きなパソコンだといざ大学にパソコンを持ってくる機会があると困るので持ち運び易いノートパソコンをお勧めします。現に学部生でサークル活動等をしていたときは週3回程度は大学に持っていってました。重いと疲れます。いろいろ大変な時期ですが頑張ってください。

オンライン授業でどのように利用したか

オンライン授業は私の場合すでにほぼ全ての授業が終了していたのでよく分かりませんが基本的に教授の授業のオンライン配信を見ている感じでした。授業にもよりますが回毎にレポートや課題も出ました。コツは全部全力で聞かなくても重要なポイントに絞って聞けば対面と比較しても見直しがきくところがいいですね。その分きちんと思考を止めずに考えないとただメモしたり見てるだけだと力はつきません。

情報システム工学科 大学院1年生

パソコン使用状況

ほぼ全ての授業の資料がパソコンで配布され閲覧や印刷をする必要があります。
スマホでも可能ですが画面が小さく後々面倒になります。またレポートの作成、プレゼンテーションの授業でのスライド作成、課題の提出がありWord,PowerPointの搭載されたパソコンが必要な場面が多いです。情報の卒業論文はword,TeXを利用し作成するためパソコンが必須になります。

先輩の声

情報では1年生前期から毎学期プログラムの授業があり課題が出ます。学校のパソコンを使い課題を行うことも可能ですが授業の空きコマ、自宅での時間を利用して課題をする人が多く自分のパソコンがある方が学校生活を有意義に送れます。学校のパソコンはMacのため互換性の高いMac製のノートパソコンを入学時に購入する学生がほとんでです。
3年生から配属される研究室の研究内容によっては高速で演算可能なパソコンを求められることもあります。しかしその場合は研究室で高品質のパソコンが借りれます。そのため無理に高品質のパソコンを自分で買う必要はありません。情報の1,2年生は授業数が多く課題も出るため自分のパソコンを使い空いた時間をいかにうまく使うかが大切です。単位が取れないと後々面倒になるので友達と協力して課題をこなしていきましょう。

オンライン授業でどのように利用したか

オンライン授業はテレビ通話を使ったリアルタイムで行うものや、教授がアップロードした動画を好きな時間に視聴するものがありました。視聴だけならスマホでも可能です。しかし課題の作成、提出はパソコンの方が便利です。
またオンライン授業は授業の出席や内容理解の確認として課題を課すものが多いためスムーズにこなすためにはパソコンが必要になってくると思います。

機械システム工学科 大学院生

パソコン使用状況

パソコンは週の半分以上使っています。課題ではWordとPowerPointが主となってきますが、実験データを整理したりグラフを作ったりとExcelも多用しました。課題以外では、サークルのメンバーや部費の管理、新入生歓迎の動画やビラ作りなどに使用しています。他にも映画を見るなど趣味でもたくさん使用しています。

先輩の声

学校で使える共用のパソコンがあるから、パソコンは買わなくてもいいや。そう思っている人もいるかも知れません。しかし、大学生は想像以上にパソコンを使う機会が多いです。学内共用のパソコンは使用時間が限られています。その時間内に終わらすことができなければ課題をすることができなくなります。また、大学生は空きコマに課題をすることが多いです。空きコマに課題をするためにパソコン室に行ったら、授業で使われているから使えない!ということも多々あります。いつでもそしてどこでもパソコンが使えるように自分専用のパソコンを持つことが時間を有効に使うことになるとおもいます。

オンライン授業でどのように利用したか

オンライン授業では主にVODを利用した形でした。普段動画を見るような感じで授業を受けることができました。しかし、一部授業ではteamsを利用し生で受けるものがありました。Office 365のPowerPointを利用し作成したプレゼン資料を画面共有し、実際にオンラインで発表しました。また、授業ではないのですが、院進学のための受験もオンライン面接となり、teamsを利用してパソコンの前で受験しました。

建築デザイン学科 大学院生

パソコン使用状況

わたしは、入学当時に生協で販売されていた、PanasonicのLet’s noteを使用しています。入学時から大学院2年生までの約6年間、そのパソコンを使用していますが、一度も壊れず不自由なく使用することが出来ています。故障した場合も安く修理してもらえるため、安心して使用できありがたいです。

先輩の声

わたしは、主にWord・Excel・PowerPointを使用しています。用途は、授業で課されるレポート作成、人前での発表、サークル活動のための資料作成、就職活動など様々です。現在は新型コロナウイルスの影響もあり、研究室内での報告、研究発表を行う場である学会等がオンラインで行われ、そこでもパソコンが大活躍しています。就職活動の際の面接もオンラインで行われました。わたしは、研究室で自由に使用出来るパソコンもありますが、現在は入構制限も行われているため、学校でやり残したことがあった場合や、学校に入構できない場合は自宅のパソコンで作業を行っています。現在は特に、持ち運び可能な自分のパソコンが必需品になってきています。

オンライン授業でどのように利用したか

わたしは現在大学院生のため、オンライン授業でパソコンを使用する機会はありませんでしたが、研究室で定期的に行われる報告会や、就職活動の面接や研修、学会など様々なことがオンラインで行われました。カメラ機能を使用する必要があること、自分が発表する際には画面の共有が必要になること、周りの人に迷惑のかからない環境で話がしたいという理由から、自分専用のパソコンを用いて自宅から参加することが多いです。

環境生命工学科 大学院生

パソコン使用状況

基本的にWordとExcel、PowerPointを使います。Wordではレポートの作成、Excelではデータ処理やグラフの作成、PowerPointでは発表用スライドの作成などを行います。他にも、インターネットを用いてオンライン授業を受講しています。

先輩の声

環境生命工学科では、3年生まで学生実験がありすべてレポート提出があります。そのため、WordやExcelをとてもよく使います。細かな時間でレポートを進めるため、持ち運びが簡単なノートパソコンはとても役に立ちます。他にも、英語の授業などではスライドを使ってプレゼンを行うため、PowerPointを用いることもあります。最初は使い慣れてなければ難しいかもしれませんが、先輩や友達、先生などに聞きながら課題をやっていくうちに基本的なことは全てマスター出来ると思います。

PAGE TOP