西南大生とTOEIC

2021年03月08日(月) | お知らせ

西南大生とTOEIC

西南大生とTOEIC

TOEICとは

TOEICとはTest of English for International Communicationの略で、
日常生活やグローバルビジネスにおける活きた英語の力を測定する、世界共通のテストです。
聞く・読む力を測る TOEIC® Listening & Reading Test と、
話す・書く力を測る TOEIC® Speaking & Writing Tests により、
4技能(聞く・読む・話す・書く)全ての英語コミュニケーション能力がわかります。

多くの企業で、就職活動の際に評価されたり、入社後の昇進・昇格試験にも活用されています。
  • リスニング約45分間
  • リーディング75分間
  • マークシート方式
  • 10~990点(5点刻みのスコアで評価)

TOEICと西南大生

西南学院大学では、全学部の1年生が、1年次に2回TOEIC-IPを受験します。
英語の授業の評価の一部にもなります。
(TOEIC-IPとは団体で実施するTOEICテストのこと)

近年の1年次の平均スコアは約400点。
一方、就職活動時に企業が求めるTOEICのスコアは平均600点以上。
英語を日常的に使う業界だと750点以上が目安だとされています。
この200点以上のスコアの差を埋めていくには、日々の勉強やしっかりとした対策が必要になります。
 

早めのTOEIC対策を!

高校生までに英検を受験された方も多いのではないでしょうか?
TOEICは英検や共通テストとは、形式も出題形式も異なります。


TOEICのスコアを上げていくには、多くの時間が必要と言われています。

西南学院大学生協では、TOEIC対策の講座をご用意しています。
ぜひ、1年生のうちから講座を受講して「一緒に頑張る仲間」と「効率よく」
英語力をUPさせていくことをおすすめいたします!

 
講座についての詳細は「学内講座」のページをご覧ください
講座の詳細はコチラ
 


 

PAGE TOP