現役長大生にインタビュー~環境科学部編~

2021年03月11日(木) | お知らせ

現役長大生にインタビュー~環境科学部編~


今回は現役環境科学部2年生のIさんにインタビューしました。

学部の特徴から学生生活など環境科学部のことが盛りだくさんです!!


 

環境科学部の特徴を教えてください

 

環境問題について学べることが大きな特徴です。長崎大学で唯一の文理融合学部なので、広い視点から学問に取り組めるのも特徴です。文系と理系は2年生から分かれます。あと、人数が多いのも特徴で、2年生になった今でも名前を知らない人が何人もいます(笑)」

 

学生生活について教えてください

 

「私が理系なので、昨年度の授業では実験以外はほとんどオンライン授業でした。2年生の後期から実験が始まります。先生が日替わりで交代して、放射能の測定や、浦上川の成分分析、学内の池の微生物の観察など様々な実験を行いました。実験の種類が豊富なのでとても楽しいです

課題は1年生のうちは予習復習がメインで、2年生になると実験レポートが多いです。3年生前期までの成績が研究室選びに関わるので、試験対策も重要になります。難しい科目を選択すると大変なので、先輩や友達に相談するといいです!」

 

環境科学部の進路について教えてください

 

「環境科学部の進路は、大学院へ進学する人、公務員になる人、企業に就職する人の3つのパターンに分かれます。就職する企業は人それぞれで幅広いです!」

 

最後に新入生へメッセージをお願いします

 

「環境科学部はプリントを配る先生が多いので、ファイルが必要になります。また、コロナ化でオンライン授業のときに自分でプリントアウトしないといけないので、プリンターが必要になります。

 環境科学部は広い分野を扱う学部なので夢が決まっている人も決まっていない人も歓迎しています。ぜひ環境科学部へにこにこ



環境科学部の概要はこちら
 ↓ ↓

環境科学部ホームページ



今回は現役の環境科学部生にインタビューしました嬉
みなさんの役に立ったらうれしいです!!
次回もお楽しみにキラキラ 

 

PAGE TOP