現役長大生にインタビュー~工学部、化学・物質...

2021年03月09日(火) | お知らせ|新入生

現役長大生にインタビュー~工学部、化学・物質工学コース編~



今回は工学部の化学・物質工学コース新4年生のNさんにインタビューしました!
学部やコースの特徴、学生生活について詳しい情報満載です!

――――コースについて教えてくださいにこ 

工学部は5つのコースに分かれています。私は化学・物質工学コースに所属しています。

このコースでは化学や生物、物理など幅広い分野を勉強します。感覚的には理学部に近い感じです。鉛筆

1学年80人くらいでそのうち女子は4分の1程度です。工学部のほかのコースに比べると女子が多めです。卒業後は、8~9割が大学院に進学します
将来的には研究職に就く人が多いです。


 

――――授業やテストについてノート 


コースが違うと授業が違うので、基本的に会わないことが多いです。どのコースも座学と実験をやりますが、このコースは特に実験が多いです。2年生から3年生にかけて週3回で実験が行われるのですが、化学・物理・生物をそれぞれ1回ずつやっています。メガネ

大学の実験では実験ごとにレポートを提出するので、少し大変な時もあります。汗今年はコロナの影響で対面での実験ができなかったのでオンラインで行いました。その時は、実験の様子の動画を見てレポートを作成していました。


テストと実験のレポートは過去問必須です。ですが、過去問のまま出るわけではないので過去問に頼り過ぎず勉強することも大切です。過去問はそれぞれバイトやサークルの先輩からもらってみんなで集めています。


 

―――進路について帽子 


工学部は4年生になると研究室に入ります。研究室が大きく3つに分かれているので、将来は選んだ研究室の分野に進む人が大半です。

就職向きの研究室や大学院に進学する人向きの研究室など、それぞれ特徴があるので事前に先輩などから話を聞いておくといいと思います。GOOD

研究室の卒業生は化学・材料・金属系の企業に多く就職しています。
 

 

―――アルバイトについてスーツ


このコースでは1.2年の間は午前中から授業があるのでアルバイトをする人は夕方から働いていました。

ほかのコースより課題などで少し忙しいので、余裕を持つために1.2年生のうちはアルバイトはせずに3年生から始める人もいました。

3年生からは比較的授業が自由に選べるのでアルバイトなどもしやすいと思います!キラキラ



 

―――新入生に一言!いいね


このコースではたくさんのことが学べます!電球

自分の興味を持った分野が見つかれば、それをとことん追求してみるといいんじゃないかと思います。

忙しいこともありますが、アルバイトやサークルなどもとてもいい経験になるのでやってみるといいと思います

​​​​​​​



工学部についてもっと詳しく知りたい方は
こちらからどうぞ!

長崎大学工学部ホームページはこちら!

インタビュー楽しんでいただけましたか?
みなさんの新生活の参考になれば幸いです!
次回もお楽しみに!

 

PAGE TOP