現役長大生にインタビュー~薬学部~

2021年02月25日(木) | お知らせ|新入生

現役長大生にインタビュー~薬学部~

薬学部について



今回は現役の薬学部生にインタビューしました。
薬学科と薬科学科の違いから、入学する人へ向けたアドバイスまで内容盛りだくさんです!!



 

―――薬学科と薬科学科の違いを教えてください。

 1、2年の間は、薬学科も薬科学科もほとんど同じ授業を受けるので、あまり違いはないのですが、薬学科は、研究室に入った後、4年にCBTOSCEという試験を受けます。合格すると、5年で実習が始まり、6年で、国家試験を受け、将来的には病院や薬局で働いている人が多いようです。薬科学科は、研究室に入った後、8割以上の学生が大学院に進学するので、4年の大学院試験に向けて勉強します。将来的には製薬企業などに就職する人が多いようです。



―――大変だった教科、乗り越え方について教えてください。

 1年で受講する『教養生物Ⅰ,Ⅱ』『生化学Ⅰ』、『教養有機化学』、『有機化学A』は難しかったです。しかし、薬学サークルなど先輩とのコミュニティを持っていれば、テスト対策だけでなく、履修方法など分からないことにアドバイスをくれるのでおすすめですテスト期間は本当に早めから対策しておいた方が良いです!



―――あった方が良いアイテムはありますか?

 基本的に教科書が分厚いので、大容量のリュックは必須です。また、パソコンでは作るのが難しい図などはスキャンをする必要があるので、スキャナー機能付きのプリンター
プリンター はおすすめです。有機化学の授業では、理科室にあるような分子モデルを自分用で持っていると意外と役立ちます(笑)



―――薬学部の特徴について教えてください。

 

 まず、キャンパスがとてもきれいです!授業ではプレゼンテーションを行うことが多いので、話す力がよく身につくと思います!薬と聞くと難しいイメージを持つ方が多いと思いますが、理解できると、日常生活で思わず商品の裏面を見る癖がついてしまうくらいとても面白いです!



―――薬学部に入学する人に向けてアドバイスやメッセージをお願いします!

 薬学部棟は少し分かりにくい場所にありますが、裏門が一番近いので、裏門近くでお部屋探しをすると良いと思います!オリエンテーションはスーツで行くか私服で行くか迷って不安になると思いますが、圧倒的に私服が多いです!私服で行きましょう!(笑)また、教室によっては黒板が小さく、真ん中の席でも見えにくいことがあるので、早めに席をとっておくことをおすすめします!授業は大変なことも多いですが、学部内のつながりが深まるきっかけが多い分、より仲良くなれます!授業とプライベートを両立させることができれば、充実した大学生活になるので、一緒に頑張りましょうにこにこ


気になる方はホームページをチェックしてみてください
キラキラ
   ↓   
薬学部のホームページはこちら!!






薬学部についてインタビューをしましたがいかがでした?
大変なことが多い分充実した大学生になることがわかりました!!

皆さんの参考になったらうれしいですにこにこ
次回もお楽しみにキラキラ
 

 

PAGE TOP