TOEIC® Listening & Reading Test(略称:TOEIC® L&R)は英語によるコミュニケーション能力を測るテストです。
問題もスコアも世界共通。
このTOEIC® L&Rを受験しながらレベルをチェックしていくことが、使える英語を身につけるための一番の近道。
レベルがわかれば、自分にあった教材、トレーニング方法が無駄なくわかります。
また定期的に受験していくことで、学習の成果がスコアとなって表れ、
今後自分にどんなことが必要なのかがハッキリわかるのです。
大学生協では、3〜6ヶ月に1回、年に2〜3回程度の受験をオススメします。
健康診断だと思って、自分の現在の英語力を診断しましょう。

1999年度におけるTOEIC公開テスト学生受験者数は年々伸び続け、129,300人にのぼります。
多くの学生がTOEICを利用価値の高いツールとして利用していることがわかります。

TOEICはTest of English for International Communicationの略で、世界150カ国で実施されている英語コミュニケーション能力テストです。 問題もスコアも世界共通ですから、現在の英語によるコミュニケーション能力が正確に測れます。

文部省が規定する大学設置基準第29条第1項が改正され、平成11年3月31日よりTOEICの成果が大学での単位として認められるようになりました。


多くの企業が人材の採用、研修ツールとしてTOEICに注目しています。
履歴書にTOEIC® L&Rスコアを明示すれば、あなたの英語運用能力をアピールすると同時に、
自己啓発意欲、向上心についてもプラス要因となるでしょう。

TOEIC採用企業・団体を対象にした調査では、社員の採用時にTOEIC® L&Rスコアを『考慮している』と回答したのは758社60.7%。 また、『将来はしたい』という積極的な回答を含めると81.9%にものぼります。

グローバル化が前提となった社会においては、英語力はもはや必須条件。 企業は今、ビジネス・コミュニケーションの場面に対応できる英語力を社員に求めているといえるでしょう。


College TOEICは、全国大学生協連が会員生協向けに提案する英語テストプログラムです。
テストの普及活動は各生協が行います。
具体的な実施は 各生協が独自で主催したり、先生、大学(教務課/就職課など)、
外コミ サークルなどのサークル責任者が行う際の実施窓口機能を担います。

テスト形式、評価方法はTOEIC® L&R公開テストと全く同じですが、以下の点で TOEIC® L&R公開テストと違います。

1)College TOEICの評価基準は、TOEIC® L&R公開テストと変わりありませんが、 TOEIC® L&R公開テストを受験すると発行される公式認定証(Offical Score Certificate) は発行されません。 かわりにテスト結果は、スコアシート(TOEIC®TEST公開テストと スコアの有効性は同等)でお渡しします。 (公式認定証が必要な場合はTOEIC®TEST公開テストの受験をおすすめします。)

2)主催者のご都合に合わせた日時・会場でテストを実施することができます。

1)教員のアセスメントデータとしてカリキュラムや教育方法の創造的な開発にむけて活用

2)英語学習者が、自分自身の英語コミュニケーション能力を把握する手段として活用

→TOEIC® L&Rスコアは、コミュニケーションレベルに変化がない限り変わりません。日々の学習の効果を測るためには半年に1回くらいの受験が理想的です。

TOEIC® L&R公開テストに比べ、約3割安。
TOEIC® L&R公開テスト 5725円⇒1名につき4,155円(消費税込)

※TOEIC is a registered trademark of Educational Testing Service(ETS). This web page is not endorsed or approved by ETS.
Copylight(c) 2007Kitakyushu-Univercity-COOP.AllRightsReserved.
お問い合わせ 資料請求