お部屋探しは

九大生協におまかせください!

〜九州大学入学生のお部屋探し紹介件数 No.1〜


お部屋探しは生協にお任せ!

伊都キャンパス周辺の不動産屋さんと協力し、皆さんに最適なお部屋を紹介いたします。

生協提携店はこちら

アパマンショップ九大学研都市駅店 池住宅 エイブル九大学研都市駅前店 nasic学生情報センター UniLife九大学研都市駅店 照栄不動産 日本ハウス スマイルプラザ みよしホーム ミニミニ九大情報センター レオパレス21 ヴィータ 共立メンテナンス 玄南荘 ゼファー アイル博多駅前店 サカグチホールディングスパートナーズ 福岡不動産流通センター 九大前不動産 エイブル東公園店 ルーム パピヨン店 アパマンショップ吉塚店 伊都エステート

住まいさがしパンフレットがお手元にない方は、すぐに資料請求をして下さい。
ゆうメール便にてお届けします。

入学準備資料請求はこちらから

生協だから安心① 九州大学の先輩がお部屋探しをサポートします。

私たちがお手伝いします

私たちがお手伝いします

九大の先輩学生が、皆さんのお部屋探しのサポートをします。始めての土地、初めての一人暮らしを経験した先輩の意見を聞きながら、住むエリア・お部屋を決めることができます。
また生協の職員も、これまでの経験・知識を活かして、全力サポート。ご希望に合うお部屋を、スムーズに効率的に探すことができます。
お部屋探しは、安心して生協にお任せ下さい。

生協だから安心② 生協を通してお部屋を決めると、入居後に困ったことがあれば、生協がご相談に応じます。

九大生協のお部屋探しが多く利用される理由の一つです。安心できる取引先様、安心できるお部屋を選んでご紹介しています。
生協マンションや生協管理アパート以外でも、入居後、困った事があったら生協も問題の解決にご協力します。学内の生協店舗に相談ください。管理会社と入居者の間に入ってお話しをしたり、解決へのご協力をさせていただいたりします。

生協を通してお部屋を決めると、家賃の①割分を還元します。

「仮予約」も生協を通して行ってください。
直接予約されると、還元の対象になりません。学生賠償責任保険・火災共済で入居契約可能

生協のおすすめする学生総合共済と学生賠償責任保険に加入すると、それだけで入居契約が可能です。通常は、火災保険契約を比較的高い掛け金を支払い締結することが条件になっています。ご協力いただいている取引様が紹介するお部屋の多くは、共済+学賠の加入で契約可能となっています。
また途中で引越をする時も、保障は途切れることなく続くので安心です。

九大受験を決めたら、「仮予約」をおすすめします。

お部屋は、すまい斡旋会場で探すことができます。遠方の方、忙しい方、ゆっくり混雑を気にせず選びたい方は、カタログで探すこともできます。九大生協に資料請求していない方は、今すぐ資料請求をして下さい。

住まいさがしパンフレットがお手元にない方は、すぐに資料請求をして下さい。
ゆうメール便にてお届けします。

入学準備資料請求はこちらから

合格が決まった後は入学手続きや各種手続きでとても忙しくなるものです。受験前にお部屋の仮予約をおすすめしています。九大生協の仮予約制度は、負担も少なくでも確実にお部屋を予約できるようになっています。

予約金不要
生協が行う仮予約では、予約金は一切不要です。
早期に予約可能
来春の空室状況が確定する11月頃から予約を受付開始しています。お部屋の空実情報が概ね確定するのは、12月中旬頃です。
お一人様に付き1物件限定受付
多くの方が利用される制度です。お一人様、1物件1室に限り予約を受け付けています。他で予約されていることが判明した場合、予約を解除させていただくこともございます。

生協管理アパート・生協マンション

九大生協が管理する『生協管理アパート』と『生協マンション』が予約できるのは生協だけ。

生協管理アパート・マンション

九大生協の職員が巡回して、管理しているマンション・アパートです。

生協管理アパート・マンションのご案内はこちら

生協マンション

生協マンションは、学生が快適に一人暮らしできるように、生協独自の条件を満たしたマンションです。

生協マンションのご案内はこちら

その他のアパート・マンション
生協管理マンション・アパート、生協マンション以外のお部屋も多く紹介斡旋しています。
地元の不動産業者さんと協力して、紹介可能物件を毎年多数掲示しています。協力業者さんの物件をエリアごとに掲示していますので、生協の斡旋会場では効率的にお部屋探しを進めることができます。
また、食事付き物件や専門キャンパス周辺の物件も一緒に比較することができます。

その他のアパート・マンションのご案内はこちら

生協からの提言

長く住むことを考えて、住まい探しをしましょう。

合格前入居予約のポイント

お部屋選択のポイント

農学部と文系4学部(文学部・教育学部・法学部・経済学部)、工学部建築学科も2018年秋に伊都キャンパスに移る予定です。2017年春に入学される方は、2年生の前期だけ箱崎キャンパスに通うことになります。過去の事例からも、その半年間は伊都から箱崎に通う選択をされる方が大多数だと想定しています。通学のことも気になりますが、大学生活の大半は伊都キャンパスに通いますので、伊都エリアで大学生活を送りやすいエリアを選択することをお勧めします。

移転の予定がない、医学部・歯学部・薬学部・芸術工学部へ入学される方は、2年目から専門キャンパスに通うことになりますので、その時に引越をすることになります。身軽に引っ越しできるように、最初は「家具家電付き物件」を選ぶのも選択肢です。必要な家具家電は2年になる時に購入するのも効率が良いかも。その際も、大学生活の新生活用品をぜひご利用ください。また、1年後にスムーズに引っ越しすることができるように、契約期間や中途解約違約金などについても確認しておきましょう。

礼金や仲介手数料などの初期費用負担の軽さを十分考慮して、伊都地区の物件を選ぶようにしましょう。本パンフには初期費用の目安を掲載しているので参考にしてください。

入居契約時には必ず火災保険などへの加入が必要となります。具体的には、大家さんへの借家人賠償責任保険、別居住者への賠償責任保険、自分自身の家財保険などです。

生協で紹介している物件のほとんどは、大学生協がおすすめする『学生総合共済(火災共済)』と『学生賠償責任保険』の両方に加入することで契約ができる物件です。いずれも大学生の為に設計されたもので、保険料等も安くなっていることと、たとえ住居が変わっても契約は継続されるというのが特徴となっています。

伊都と言っても「広い!

お部屋探しで気になるのは、予算もあるけど、「どこに住めばいいの?」ということ。現役の学生さん達に、生活状況をまとめてもらいました。
こちらをご覧ください。

現役の学生さんの生活状況

PAGE TOP