福岡県内の大学・学園・専門学校に通う学生・院生・教職員のための大学生協です。
組合員になることで、学生総合共済、自動車学校割引特典等のサービスをご利用いただけます。

福岡インターカレッジコープ

組織運営の仕組み

組織運営の仕組み

「大学生協福岡インカレコープ」は、組合員が出資し、組合員が利用し、組合員によって運営されます。 しかし実際に組合員が直接集まって運営することは不可能です。 そのために、直接の参加でなくても組合員が「大学生協福岡インカレコープ」 の運営に参加できるように、下の図のような仕組みになっています。

▲ページTOP

「生協が大学にあってよかった」という声が届いています。

人のシルエット
伊藤健一
北九州市立大学教授

現在、大学生協は食事や書籍、文房具などの販売に加え、学生の勉学研究生活のもっと直接的な支援も行っています。たとえば「外国語コミュニケーション活動」は10年の実績があります。英語事故学習サポートのためにサークルを作ったり、交流の場や教材を提供したりといった支援を行っていますが、その結果全国にいくつもの事故学就サークルができ、全国規模のセミナーやサークル同士の交流も盛んに行われています。こういう活動にぜひ皆様も加わっていただきたいのです。

人のシルエット
楠本信秀
九州大学理学部2年

大学に生協があってよかったことは、昨年、急性大腸炎で2日間入院し、生協の共済で1万2千円の給付を受けました。急な出費で困っていたので助かりました。受け取るときに「全国の仲間(加入者)からのお見舞金です」と言われたのには、ちょっとびっくりしました。加入のときに「共済は学生同士のたすけあい」といわれた意味がわかったような気がしました。

人のシルエット
西国原仁美
九州工業大学3年

昨年の夏、普段は体験できない何かをしたいと思い、生協に相談したところ、私と同じ想いを持った学生がたくさんいるようで。様々なコースが用意されていました。結局、オーストラリアでホームステイをしながら幼稚園のボランティアというコースを選び、貴重な経験を得ることができました。学生一人一人の想いをサポートしてくれる生協が好きになりました。

▲ページTOP

HOME

ページTOPへ